「バイキング」で紹介!味噌屋の女将が考案した絶品 味噌料理 レシピ その1

寒くなると、温かい味噌料理が食べたくなりますよね^^

アンチエイジングやがん予防など、健康的な味噌料理。
2015年9月29日放送の「バイキング」で、「プロだけが知る美味ししお味噌の食べ方」として、味噌屋の女将が考案した味噌料理が紹介されていました!

今回紹介するのは、創業80年、東京の亀戸にある「佐野みそ」の料理好き女将の味噌料理。
味噌焼きうどん、味噌焼きおにぎり、味噌たまご雑炊を紹介します。

みそ焼きうどん

味噌焼きうどん

味噌とうどんのレシピでまず思い浮かぶのはみそ煮込みうどんですが、女将が考案したのはみそ焼きうどん。
隠し味はバターです^^

【材料】(1人前)

  • 鶏ひき肉・・・50g
  • 味噌(鶏ひき肉用)・・・大1/2
  • しめじ・・・1/4株
  • 長ネギ・・・10cmほど
  • うどん・・・1玉
  • お酒・・・大1
  • みりん・・・大1/2
  • 味噌(みりん用)・・・大1/2
  • バター・・・小1
  • わかめ・・・適量

【作り方】

  1. 鶏挽肉と味噌を混ぜる
  2. フライパンにサラダ油をひかず、ひき肉を焦げ目がつくまで(強火で3分ほど)炒める
  3. 焦げ目がついたら、しめじ、長ネギを入れて炒める
  4. 野菜に火が通ったら、うどんとお酒を入れ、麺をほぐす
  5. みりんで溶いた味噌を入れ、麺に絡まるようにしっかり混ぜる
  6. バター(小さじ1)とわかめ(適量)を入れる

隠し味のバターですが、味噌と乳製品は相性が良いそうです^^
味噌の塩辛さをマイルドにしてくれるんです。

絶品 みそ焼きおにぎり

味噌焼きおにぎり

みりんに溶いたみそをおにぎりに塗って焼くだけで簡単なみそ焼きおにぎり。
味噌とみりんの分量は、みそ2に対してみりん1が一般的です。

しかし、女将さんは絶品焼きおにぎりを生み出す味噌とみりんの黄金比を編み出しました!
それは、

味噌2に対し、みりん1.25

です。
焼きおにぎりは甘めの味付けが良いと考える女将は、あえてみりんを多く入れているんです。
その黄金比を使って作る、焼きおにぎりの作り方は簡単♪

【作り方】

  1. みそをみりんに溶いておく
  2. 焦げ付かないようにフライパンにクッキングシートを敷き、おにぎりを中火で焼く

これだけです。

使う味噌の種類は、いつも使っている味噌で十分!
どんな味噌でも構いません。

大切なのは黄金比。
優しい甘みが広がります。

味噌たまご雑炊

作り過ぎて余ったみそ汁はどうしていますか?
ご飯をいれて猫まんまにする人、多いですよね^^

ただ、その場合ももうひと手間するだけで絶品の味噌たまご雑炊になります。

味噌たまご雑炊

【作り方】

  1. 残ったみそ汁にご飯をいれて煮る
  2. 火を停めてから生卵を入れ、フタをして3分蒸す
  3. あとは鰹節を多めに入れ、一煮立ちさせる

カツオの風味がのこったみそ汁の旨味をもう一度ひきたたせ、まるで鍋の後の雑炊のような味わいになります。


佐野みそは全国にも商品を発送していて、楽天でも購入することができます。
佐野味噌醤油株式会社
血行種類がありますが、かなりこだわっていそうですね^^

今回紹介された味噌料理、まだありますが、また次の記事に書きます。
「バイキング」で紹介!味噌屋の女将が考案した絶品 味噌料理 レシピその2

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ