世界一受けたい授業 食べるラー油みその作り方

今日(2011年2月26日放送)の“世界一受けたい授業”で
紹介された『食べるラー油みそ』の作り方をチェックしました!
世界一受けたい授業 食べるラー油味噌の作り方
この『食べるラー油みそ』を考えたのは、
調味料を知り尽くしている前橋健二先生


【超簡単 食べるラー油みそ の作り方】
世界一受けたい授業 食べるラー油味噌の作り方
《材料》
ラー油…小さじ2杯
フライドガーリック…適量(お好みで)
はちみつ…大さじ2杯
だしの入っていない味噌…大さじ4杯
《手順》
材料を全部混ぜ合わせて、電子レンジ(600w)で30秒加熱するだけ!
材料さえあればすぐにできちゃいますね!


その他このコーナーで紹介された、
日本全国ご当地おかず味噌も美味しそうでした!
レシピはありませんが、お取り寄せ(通販)ができるところも
あるようなので、書いておきます♪
【ご当地おかず味噌】
世界一受けたい授業 食べるラー油味噌の作り方
●ガゼ味噌
世界一受けたい授業 食べるラー油味噌の作り方
長崎県壱岐(いき)市で作られている伝統のおかず味噌
この地方ではウニのことを「がぜ」と呼んでいる。
ウニをまるごと味噌に混ぜ込んで作っている。
この地方では、「がぜ味噌は嫁に食わすな」という言葉があるくらい、
ウニの風味が絶品の味噌。
●沖縄豚肉みそ(油みそやアンダースーとも呼ぶようです)

地元沖縄の豚肉を使用。
多くの家庭で親しまれており、おにぎりや、煮魚などに使われ、
沖縄ではお袋の味的な有名なみそ。
●魚味噌
世界一受けたい授業 食べるラー油味噌の作り方
アジを原料に使った長崎の魚味噌。
これまで魚を原料とした味噌はなく5年前に誕生したばかりなのだそうです。
カルシウムなど天然成分を豊富に含み
鍋に使うと魚のダシも出て深い味わいになるみたいです。
魚みその販売はこちら
長田食品の魚みそ
●えんどう味噌
世界一受けたい授業 食べるラー油味噌の作り方
えんどう豆と米麹・塩・水だけで作られた珍しい味噌でした!
オリーブオイルと混ぜてドレッシングにしたり
鶏肉の味付けなどにも使われている。
田慶屋(福岡県春日市)のえんどう味噌
●柚子すだちみそ
世界一受けたい授業 食べるラー油味噌の作り方
ゆずとすだちの酸味が白味噌の旨みとミックスされ
甘いフルーツソースのような味わい。
大根やわかめ、ふきのとうなどと合わせると特に美味しく、
子どもでも食べやすい味。
サンフーズかじやま(佐賀県唐津)の柚子すだちみそ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ