ひな祭りにおススメ!ケーキちらし寿司 作り方

二人の食卓 ありがとうのレシピ (2011年2月26日放送)で、
佐藤弘道さんが西村知美さんに作った『ケーキちらし寿司』
ひな祭りにぴったりなレシピだったので、しっかりチェックしました!
ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
春!って感じですよね。
少し難しそうに見えますが、少し手間はかかりそうな気はしますが、
手順はけっこう簡単なのように見えました。


【ケーキちらし寿司 作り方】
《材料》
A:全体の飾りつけの材料
・金目鯛 1/4尾
・昆布茶 小さじ1
・塩 小さじ1/2
・塩ゆでしたエビ 8尾
・イクラ 50g
・ウド(甘酢つけ) 30g
・ニンジン(甘酢つけ) 30g
・アボカド 1/2個
・菜の花 1束
 
B:3色ご飯の材料
・ご飯 3合
・昆布 5g
・酢 100ml
・砂糖 40g
・塩 20g
・でんぶ 大さじ2
・ガリ(ショウガの甘酢つけ・刻んだもの) 30g
・大葉(千切り) 5枚
●錦糸玉子の材料
・卵 4個
・水溶き片栗粉 大さじ1
・塩 小さじ1/4
・サラダ油 適量
●タケノコの土佐煮
・タケノコ 60g
・ダシ汁 300ml
・酒 100ml
・みりん 50ml
・薄口しょうゆ 50ml
・削りガツオ 10g
●レンコンの甘酢つけの材料
・レンコン 30g
・酢 100ml
・水 100ml
・砂糖 大さじ5
●シイタケの旨煮の材料
・干しシイタケ 12枚
・シイタケのもどし汁 200ml
・ダシ汁 200ml
・砂糖 大さじ3
・みりん 20ml
・濃口しょうゆ 40ml
●アボカドの味つけ
・レモン汁 大さじ1
・マヨネーズ 大さじ2
・薄口しょうゆ 小さじ1
《作り方》
●3色ご飯の作り方
ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
色分かりにくいですが、中は3層の酢飯になっています。
1:酢、砂糖、塩を混ぜて合わせ酢をつくる。
2:酢飯用にご飯をすしモードで昆布を入れて炊く。
3:炊けたご飯を”飯切り”の中に入れる。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
 しゃもじを動かしながら合わせ酢を加え、切るように混ぜる。
 【ポイント】切るように混ぜることでお米がベタつかないようにする。
 酢飯は冷ましておく。
 
※”飯切り”とはこれ↓のことです。

4:酢飯が冷めたら、3等分にする。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
 3等分にした酢飯にそれぞれ色を付けるために具材を混ぜ合わせる。
 ・ピンク→桜でんぶを混ぜ合わせる。
 ・白→ガリをみじん切りにして混ぜ合わせる。
 ・緑→大葉(青じそ)を千切りにして混ぜ合わせる。
※桜でんぶとは↓これのことです。

●錦糸卵の作り方
1:卵、塩、片栗粉を混ぜ合わせる。
 (片栗粉を加えると破れにくくなるのだそうです)
2:フライパンにサラダ油を熱して、卵液を流し込んで片面を30秒焼く。
 火が通ってきたら裏返し10秒程焼く。(両面とも中火・IH3)
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
 同様に3枚焼きます。
3:重ねて細切りにします。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
●金目鯛の簡単昆布締めの作り方
1:金目鯛はこんな状態のものを使ってました。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
 それを80℃のお湯で霜降りにします。
※霜降りとは、お湯をかけて魚や肉の表面を白く、霜が降りたような状態にする
 ことで、臭みとりや、表面の身を固めることで旨みを閉じ込めたりするために
 行います。
 氷水で20秒程冷やしたあとペーパーで包み水分を切る。
2:2cm幅のそぎ切りにします。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
3:昆布茶と塩を混ぜ合わせて、バットにまんべんなくふりかける。
 そこに切り身にした鯛を並べて、上からも軽く昆布茶+塩をふりかけて、
 その状態で20分ほど置いておく。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
 ※本来”昆布締め”とは昆布で魚を挟んで一晩置いて作るものですが、
  昆布茶を使うことで、時間が短縮できるようです!
  これは使えるアイデアだと思います^^
●菜の花の下準備
 最後の飾りつけに使う菜の花の下準備をしておきます。
1:菜の花を3cm幅に切ります。
2:熱湯に塩を加えて、1分下湯でして冷水につけて冷まし、ザルにあげておく。
●タケノコの土佐の作り方
1:タケノコは下湯でして、水に落とし、土佐煮にします。
※番組では詳しく説明されませんでしたが、こちらを参考にどうぞ。
簡単!たけのこの土佐煮作り方
●レンコンの甘酢つけの作り方
1:レンコンはゆでて、水に落して甘酢漬けにする。
※レンコンの甘酢つけも詳しい作り方は説明してませんでしたが、
 参考にこちらをどうぞ
レンコンの甘酢つけの作り方(E-recipe)
●ウド、ニンジンは塩ゆでしたら、水に落し、甘酢につける。
 花びら型に型抜きしておく。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
●シイタケの旨煮の作り方
1:椎茸は旨煮にして、2枚は4等分に切り、残りはみじん切りしておく。
※これも作り方はこちらを参考にどうぞ!
シイタケの旨煮の作り方(Yahoo!レシピ)
●アボカドの下準備
1:アボカドは薄く切って変色しないようにレモン汁につけておく。
2:マヨネーズと薄口醤油を混ぜ合わせておく(後で使います。)
●材料全部を組み合わせて仕上げる。
1:型を用意します。
 弘道お兄さんが使っていたのは、ケーキの型。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
 でも、なければボウルやタッパーなでも代用可!
 そこにラップをしいておきます。
2:型の側面に昆布締めしておいた金目鯛と塩湯でしたエビを
 キレイな色目のある方を外側に向けて、交互に並べていく。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
3:型の底に錦糸卵を敷く。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
4:順に詰めていく。
 桜でんぶのご飯(ピンク)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 刻んだシイタケの旨煮
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 ガリのご飯(白)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 スライスしたアボカド。
 上から、マヨネーズ+薄口しょうゆのソースを塗ります。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 最後に大葉のご飯(緑色)
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
 上からしっかり押さえる。
5:お皿を当ててひっくり返すと、↓こんな感じに!
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
6:盛り付ける!
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ
 この状態でも十分キレイに思いますが、
 さらに華やかに飾りつけをしていきます!
 真ん中にイクラをのせ、
 菜の花、シイタケ、タケノコ、レンコン、ウド、ニンジンを、
 後で4等分しやすいように飾り付ける。
 まわりに菜の花を飾る。
 ひな祭り ケーキちらし寿司 レシピ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ