はなまる 落合シェフ直伝 カジキマグロのチーズカツレツ

今日(2010年9月30日)の”はなまるマーケット”の”とくまる”は、
ラ・ベットラの落合務シェフ、スタジオ生クッキングでした♪
第17段ですね!
今日はまだ一度も紹介されたことない、魚料理!
『カジキマグロのチーズカツレツ』でした!
豚ロースのチーズカツレツなんかよくあるイタリアンなんですが、
カジキマグロのカツレツなんてのもあったんですね^^
イタリアではカジキマグロはけっこう高級な魚で、
ちょっと高級なお店でしか提供されていないんですが、
みんなとっても好きなのだとか!
【カジキマグロのチーズカツレツ レシピ】
落合シェフ カジキマグロのチーズカツレツ レシピ
≪材料≫…2人分
カジキマグロ・・・200g
パン粉・・・90g
パルメザンチーズ・・・30g
小麦粉・・・適量
卵・・・1個
サラダ油・・・大さじ3
バター・・・5g
スライスチーズ(溶けるタイプ)・・・2枚


≪付け合せのサラダの材料≫…2人分
ベビーリーフ・・・40g
ミニトマト・・・6個
塩、コショウ・・・各少々
赤ワインビネガー・・・小さじ1
オリーブ油・・・小さじ4
≪作り方≫
●準備
 ・カジキマグロの下準備
  カジキマグロに両面に塩・コショウ(分量外)をして3分置いておく。
 ・チーズパン粉を作る
  イタリアで使われているパン粉は日本の一般的なパン粉と違って、
  すっごく細かいタイプのパン粉なので、フードプロセッサーで細かくします!
  フードプロセッサーで細かくしたパン粉とパルメザンチーズを
  混ぜればチーズパン粉の完成。
  (パン粉:パルメザンチーズ=3:1の割合)
  ※パン粉はザルでこしてもOK。
●カジキマグロを焼く。
 1:フライパンにサラダ油・バターを入れ、強火にかける。
 バターが溶け、泡がフツフツと出てきたら、
 カジキマグロを入れ 中火にし、フライパンを揺すりながら焼く。(4~5分)
 ※煙が出てくるくらい熱くなってしまったら、一度火からはずす。
 
 側面に焼き色が付いたらひっくり返し、裏面にも焼き色を付ける。
 2:火を止め、余分な油をキッチンペーパーでふき取り、
  スライスチーズ(溶けるタイプ)をのせて フタをし、
  弱火にかけ(およそ20秒~30秒)チーズが溶けたら完成。
●サラダを作る
 1:ボウルにベビーリーフ・半分に切ったミニトマトを入れ、
 塩・コショウ・赤ワインビネガーを加え もまないように、
 ザックリとした手つきで混ぜる。
 2:塩が溶けたら1.にオリーブ油をボウルのふちに数回に分けて、
 回し入れ混ぜ合わせれば完成。
 ※赤ワインビネガーの代わりにレモンや酢でもOK。
【チーズパン粉応用レシピ】
パン粉とパルメザンチーズのパン粉は、色々な料理に活用できます。
●エビのチーズパン粉焼き
 塩をして開いたエビにチーズパン粉を乗せ、オーブンで焼きます。
●ナスのカツレツ
 塩をしたナスに小麦粉・卵・チーズパン粉をつけ焼きます。
●豚ロースのカツレツ
 豚ロースをたたいて、塩・コショウし、小麦粉・卵・チーズパン粉を
 つけ焼きます。
●チーズせんべい
 <チーズパン粉1:パルメザンチーズ2の割合>
 フライパンにチーズパン粉を広げて火をつけ、
 焼き色が付いたらひっくり返し、裏もさっと焼けば完成!

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ