はなまる 落合シェフ バジルソースのニョッキ レシピ

はなまるマーケット(2010年5月19日)
落合シェフ の スタジオ生クッキング 第13弾!
落合務シェフ直伝の『バジルソースのニョッキ』の作り方のご紹介!
今回は”バジルソース”と書かれていますか、
イタリアンなお店ではよく”ジェノベーゼソース”と書かれています。
この2つ一般的には同じソースだと考え良いと思います^^
※ジェノベーゼソースとは…
 イタリア・リグリア州のジェノバ(Genova)県うまれのソースで、
 バジルペーストに、松の実、チーズ、オリーブオイルなどを加えたソースです^^
 バジルのさわやかな香りが特徴的なソースで、
 パスタだけでなく、色々な料理に使われています♪
【落合シェフ直伝 バジルソースのニョッキ レシピ】
《万能バジルソースの材料》…作りか安い分量
・バジル・・・50g
・松の実・・・50g
・パルメザンチーズ・・・50g
・ニンニク・・・小1片
・塩・・・小さじ1
・オリーブ油・・・1/2カップ


《ニョッキの材料》…4人前
・ジャガイモ・・・中4個(600g)
・小麦粉(あれば強力粉)・・・100g
・卵・・・2個
※小麦粉、卵の量は、
 茹でたジャガイモの水分量によって調整してください。
《万能バジルソース仕上げ材料》
・万能バジルソース・・・大さじ6
・ニョッキの茹で汁・・・大さじ4
・水・・・適宜
《作り方》
●バジルソース作り
1:下準備
 ニンニクは粗みじん切りにする。
 バジルはさっと水で洗い、よく水気を拭き取り、 茎の固い部分は取り除く。
2:フードプロセッサーに、粗みじんしたニンニク、松の実・パルメザンチーズ・
 オリーブ油・塩・バジルを 入れ、40~50秒かくはんする。
 ※お好みで回す時間は調整してください。
●ニョッキ作り
1:ジャガイモは皮をむき、竹串がスッと通るくらいまでゆでる。
2:湯を切り、一度鍋に戻して粉ふき芋の要領で、鍋をふり表面の水分を飛ばす。
3:熱いうちに、フォークでつぶし、溶き卵・小麦粉を入れ粉っぽさがなくなり、
 ひとまとまりになるまで 混ぜる。
4:生地の粗熱が取れたら、まな板に打ち粉(分量外)をして、
 太さ2センチの棒状に伸ばす。
5:ナイフで上からたたくようにして食べやすい長さに切る。
●バジルソースの仕上げ
 バジルソースを大さじ6、ニョッキの茹で汁を大さじ4を入れ、
 ニョッキと絡みやすくなるようにのばす。
 ※家庭では2人分ずつ仕上げるのがオススメ。
  バジルソースの分量(1人分:大さじ1と1/2)。
 ※塩気が強い時は、水を加えて調節してください。
●ニョッキを茹でる
 沸騰した湯に塩を入れ(塩は水に対して1~1.5%)ニョッキを茹でる。
 ニョッキが全て浮いたら、水気を切り、バジルソースと合わせれば完成。
 ※フライパンではなくボウルで作業でも可能。(火にはかけません)
 ※お好みで、オリーブ油・パルメザンチーズをかけてお召し上がりください。
★ニョッキは茹でて、一度冷水に取り水気をよく切れば、
 冷蔵保存可能。
 使う時は熱湯にくぐらせ再び浮いてきたらOK!
★バジルソースは空気に触れないように保存ビンに入れれば、
 冷蔵庫で1週間~10日間ほど保存可能。
★アレンジ
 ・パスタジェノベーゼ
 ・鮮魚のカルパッチョのソースに!
  マヨネーズとバジルソースを合わせて作ります。
 ・ポテトサラダに!
  マヨネーズとバジルソースを合わせて作ります。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ