蒸しセロリでレシピの幅が広がる?!

セロリは今(3月)が旬!
寒い冬を越したセロリは歯ざわりが良くて、甘くて水分もたっぷり!
香りも爽やかで栄養もたっぷりです。
前進会 セロリー
《セロリの香りの効果》
・香り成分…アピイン・セネリン
・効果…精神安定・食欲増進・口の中をさっぱりさせる。
《セロリの栄養価》
・ビタミンC
・カリウム
・食物繊維
などが豊富
セロリってレパートリーが少なくて余りがちだったんですが、
今日の”はなまるマーケット”を観て困ることなくなるはず!と思いました。
はなまるマーケット(2011年3月9日放送)
『セロリ使いの達人になろう!』より。
蒸しセロリ、かなり使えそうでしたよ!

セロリ物語セロリの神様、前進会のセルリーって?

今でこそセロリーは日本でも一般的なお野菜になりましたが、
匂いのキツイ野菜なので、昔はなかなか一般的にならなかったようです。
そんなセロリーを日本人でも食べれるように
爽やかな甘いセロリーにしようと、苦労しながら品種改良をされたのが
伊藤仁太郎さんって方。
伊藤仁太郎さんは2年前に亡くなられてしまいましたが、
「セロリーの神様」とまで称された人で、伊藤さんにセロリーの
育て方を教わった人たちがそのやり方を引き継ぎ、
今は「前進会」という名で全国でセロリーを作っているのだそうです。
この袋を見たら、そうです!
前進会 セロリー
伊藤仁太郎さんのセロリーは味にうるさいグッチ裕三さんもお気に入り♪
残したい名前なので、しっかり覚えておこうと思います。

セロリーの選び方

ポイントは、ボリューム感があって軸が太いもの!
前進会 セロリー
肉厚があると甘みが強いんだそうです^^

セロリーの葉の方が栄養価が高い

セロリーの葉、使い道知らないからと捨ててませんか?
セロリーは主に軸を食べることが多いですが、葉っぱも食べれますよ!
しかも軸より栄養価が高いのです!
《セロリーの葉の栄養価》
・βーカロテン
・ビタミンB1・B2
・ビタミンC
そんなセロリーの葉を使って、セロリー農家の人が教えてくれた一品↓

セロリーの葉の佃煮 レシピ

前進会 セロリー
《材料》
・セロリの葉…2本分
・ちりめんじゃこ…70g
・炒りゴマ…大2
・顆粒だし…小1/2
・しょうゆ…大1
・みりん…小2
・ごま油…少々
《作り方》
●ポイント!セロリの葉は洗ったらしっかり水分を取り除くこと。
 後で水っぽくならないのだそうです。
1:セロリの葉は細かく刻みます。細い茎も一緒に!
2:フライパンを熱して葉を炒めます。
 強火で2分が目安。
3:弱火にして、その他の材料を加え、炒め合わせて、
 最後にごま油で香りをつけたら出来上がり。
※おにぎりにして美味しい!


蒸しセロリーの利点!

蒸しセロリー 作り方
セロリーには水溶性の栄養素が多いんですが、
「蒸す」調理法ならその栄養素の損失がとても少ないのだとか!
さらに、セロリ独特の風味、味、香りはそのまま!
他にも
・太い繊維も気にならない。
・すじ取りの手間が省ける。
・調味料のなじみがいい!
・バリエーションが広がる
といったメリットいっぱいです^^

蒸しセロリの作り方

1:セロリの太い軸は7mmほどの厚みで斜めに切る。
蒸しセロリー 作り方
 斜めに切ることで、太い繊維を取り除かなくても気にならなくなります。
2:葉も細い茎も、(1)の太い茎の部分も全部蒸し器に入れます。
 蒸し時間は、蒸気が上がってから7分ほどが目安。

蒸しセロリの簡単な食べ方アイデア

蒸しセロリー 作り方
1:ゆず胡椒マヨで食べる!…マヨネーズ(大2)+ゆず胡椒(小1)
2:ビネガーマヨで食べる!
 …マヨネーズ(大2)+酢(小1.5)+砂糖(小0.25)+ごま油(小1)
3:刻んだ蒸しセロリをサラダにトッピング!
蒸しセロリー 作り方
4:味噌汁の具に!
 蒸してあるので、最後に入れたら出来上がり。
5:サンドイッチの具に!
蒸しセロリー 作り方
キュウリ感覚に蒸しセロリをサンドイッチに使います。
6:ハンバーグの種に!
 玉ねぎがわりの蒸しセロリを刻んでハンバーグに使います。

蒸しセロリのマスタード炒め

蒸しセロリー 作り方
《材料》…4人分
・蒸しセロリ…2/3本分
・ピーマン…1個
・エビ…70g
・油…小1/2
・マスタード…大2
・酢…大1
・砂糖…小1.5
《作り方》
1:先に合わせダレを作る。
 砂糖・酢・マスタードを混ぜ合わせる。
2:熱したフライパンで下処理をしたエビと細切りにしたピーマンを
 炒める(中火)
3:エビ・ピーマンに火が通ったら、蒸しセロリと合わせダレを加えて、
 10秒炒めたら、出来上がり。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ